読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに。

このブログは、落書き帳です。


・ネットに公開する以上読める文にするつもり、という意思表示はしておきます


・何を書くかは決めてません。思ったことを思った時に


・まあブログってそういうものですよね?


・ちょっとだけ勉強用に使おうと思ってるのは秘密


・後から読み返して「あったあった」って思える記事が残せたらいいな

8

・実力テスト終了しました。公開できるような出来ではないです。毎回ですが


・化学が受けたその日のうちに返ってくるとは思ってませんでした


・「今回点取れなかった人はできないんじゃなくてやってない。ちゃんとやってください」


・先生のお言葉。その通りですね


・でも平均21は低すぎると思います


・元々化学は大好きなので、時間をかけることはできるはず


・周りと同じことをして、違う評価を得ようと頑張るのが正しい努力の仕方なのではないか、と今更ながら

7

ツイッターでも触れましたが


・念願のパスピエライブ。DANDANANDDNA@名古屋、参戦してきました


「プロだ…!アーティストだ……!」


・なんだそれって感想ですけど、でも、そうなんです。ただただ圧倒されて、感動して、あっという間の1時間半だった


・語彙力、というよりは、こういう場での感性が足りないように感じます


・ただ、歌詞も音も声も雰囲気まで全部大好きな音楽が、目の前で完成されていく。ライブハウスの盛り上がりが、音楽をもっと熱く、儚いものにする


・私は、私達は、そんな途方もないくらいのリアルタイムの中にいました。とびきり新鮮で、今はもう思い出となってしまった時間です


・本当に本当に本当によかった。初めてのライブを、ここで経験できたこと。パスピエで経験できたこと、とてもとても嬉しいです


・最後に。アルバム『&DNA』の中では「ああ、無情」が1番好きです、とアピールタイム

6

・春休みということもあり、各文化部の定期公演、及び2年生の引退公演が続いていました


・簡潔に、来年の今、同じような感情を持つわけにはいかない、とだけ言っておきます


・どれも素晴らしいステージでした。いい時間をありがとう



・数学の課題ですが、1年の内容をほとんど忘れてしまっているせいで進みが引くほど遅いので先に2年の方からやることにしました


・結局やらないといけないところなので、どこから終わらせても一緒ですよね?


・中々進んでるように見える罠に自分が引っかからなければ、ですけど


・そしていつ提出なのか把握していない


・進度 49/127

5

・今日観た劇について書こうかなとも思ったのですが、テーマが、示していることが大きすぎてまとまらないです


・三好十郎『胎内』青空文庫にも載っているそうです


・わたしに受け取れる全てのメッセージを受け取った上での感想が「時間がない」


・待ってと言ってもその時は来るわけで、例えば自分の終わりだけじゃなく、1日の終わりすら私達には止めることができない


・もしかしてもうみんな気付いてることだったりするのかな


・そして、受け入れるのと選択するのは別、ということ。こちらはちょっと内容とはずれていますが、今回考えさせられたことです


・どうしても自分の周りに置き換えて考えてしまうので仕方ないですね

4

・英語のアクセント記号。左下がりが第一アクセントで1番強い


・今更こういうことを調べている時点でわたしがどれくらい英語できないか…いや、やってないかがわかってしまいますね


・話す人話す人みんな君は文系かと思ってたと言う。悪かったね


・先輩にも英語の参考書譲っていただいたので開かないわけにもいかないです


・進度 ⁇/1900 期限は10×190日の6ヶ月後とするけど、それより全然早くていい

3

・「考えること」と「悩むこと」を区別する


・「何も言わなくても分かってくれるもう1人の自分」は存在しない


・気持ちより理解、愛情より情報が大切


・不安は、自分にこだわればこだわるほど大きくなるのです


鴻上尚史『孤独と不安のレッスン』


鴻上さんの脚本以外の本をはじめて読みました。たまたま学校の図書館にあったので


この人の文章、好きだ。という素直な感想


わたしが今考えてることと直接的には違うけど、ヒントになるような言葉はいくつかもらいました


自分らしくいるために考えるべきこと、やるべきこと


本当の自分のように振る舞うためではなく、本当の自分を作り上げるために必要なことです



『宇宙で眠るための方法について』誰かやってくれないかな